爆釣対決
突然、釣りにはまりだした中学生とそれに付き合いつりをはじめた親父の釣り対決ブログです。


プロフィール

はやくん

Author:はやくん
去年からつりに目覚めた中2の息子と釣り対決を始めました。神奈川を中心に堤防釣り、ボート釣り、船釣りといろいろがんばってます。






ブログランキング

よろしければクリックして下さい!

にほんブログ村 釣りブログへ ブログランキング



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第7ラウンド:浅八丸でライトルアー対決
今回は、平塚:浅八丸からのライトルアー対決をお届けします。我が息子は、ルアーつりにも興味を持っていて1人で自転車で多摩川までシーバス釣りに行くほどです。いつも買ってる釣り雑誌にこのライトルアー船の記事が出ていて其れを見つけた息子のリクエストが今回の対決です。

ネットで調べていると、こちらのブログに大変詳しいレポートがありました。釣り方と合わせてサバの調理方法も詳しく出ています。サバ好きの方はお勧めです。

場所は、平塚の新港。最初カナービで平塚港に行ったら釣り宿は一軒もなく辺鄙な場所についてシマイ、うろうろするうちに発見しました。隣には、庄次郎丸、庄三郎丸が並んでます。
ライトルアー船は、1時30分出船ですが混雑を予測して10時頃出たものの混雑はなく途中休憩しても11時過ぎに到着です。でも、ルアータックルを持った人がたくさんいます。今日は、4船出船との事で受付で船と席を記入してお金を払います。席は、1号線の右側大艫から2席キープしました。

このライトルアー船の特徴は、午後出船と気楽なことと3500円という安さにあります。其れと程ほどにつれて引きが楽しめること。唯一の不満は、子供割引がないことでしょうか。今日も、夏休みの親子連れが多くいましたので皆さんそう思ってるかな。


また、このライトルアー船はこれまでのえさ釣りとは違って、いわゆるルアーマンらしき人々が多いです。比較的若い人が多く服装もラフです。そして皆さんライフジャケットを着てとてもかっこいいです。
夏休みということもあってか、子供達も多いのですがこれまたルアーマンみたいでしたね。
P1010005.jpg



さて、早速出船です。思ったほど混んでなく船の上は快適です。船長は、鳥山と魚の群れを探して結構走りますがなかなか群れが見つからないようで30分ほど走った上で早速釣り開始です。

指示棚は20mで、ルアーを落とししゃくりますと早速親父の竿にサバがヒットします。初めてのサバの引きはかなり引くし横走りがすごいですね!お祭りすることもなく無事吊り上げました。そして、すぐさま2匹目がヒットしました。またしてもサバです。これはなかなか楽しい釣りですね。周りでも結構釣れ始めました。

群れがなくなったので場所を移動します。息子はまだ釣れていないので、移動中にルアーを交換します。最初のはなかなか沈まず釣りにくそうでしたので、親父が釣れたのと同じタイプの色違いにします。

また、20分くらい移動して釣り開始。今度は、息子も親父も適当に釣れるようになりました。息子は、サバのひきに戸惑いながらも必死にリールをまいて無事取り込み完了です。でも、途中で親父の糸とからまり2匹ほどばらしてしまいました。また、息子曰く50センチの大物がラインブレークでリールごと取られてしまったそうで計3匹のバラしです。
P1010002.jpg

P1010001.jpg



その後もちょくちょく移動を繰り返しますが、大きなナブラにぶつからず沖上がりとなりました。我々は、親父がサバ6匹+ワカシ1匹、息子がサバ5匹となりました。
船長は、下のコメントにもあるように今期最低の厳しさということで不漁だったと言ってました。我々はまぁまぁの釣果で結構楽しめましたが、普段はもっと釣れると言うことですね。
これからは、サバ以外の魚も釣れてくるそうなのでお気軽にルアー釣りをするならお勧めの釣りですよ。

-----浅八丸のHPより-----

NEW 7/30(日)
今日は今期一番の厳しさ!昨日の爆釣が嘘のように厳しい釣行になりました。鳥っけも少なく、また魚群の反応もあまり見れませんでした。後半、サバのミズモチを攻めるも中々食ってこない。シラスを追っかけているサバだったようで、ジグやミノーにはあまり反応しませんでした。今日の釣果は、サバ:27~40cmが0~15本。30cmのミニシイラが1本、可愛いのでリリース!ワカシも多数食ってきました。ぶっちゃけ、今日は本当に食わない日でした、こんな日は滅多にないです。そして相手は海の魚、一日で状況が一変します!次の釣行では爆釣モードに入るかも!ちょっと口数が多くなってしまいましたが、次回ライト!8月2日(水)もヨロシクお願いします。

--------------------------
DSC037012.jpg



釣れたサバは、サシミ、ゴマサバ、塩焼き、しめ鯖、煮つけとしていただきました。特に新鮮なサバのゴマサバはおいしくお勧めです。サバのサシミやゴマサバは釣り人ならではの特権ですね。ゴマサバのレシピはこちらを参考にさせていただきました。

現在の勝敗:息子の2勝3敗2引き分け


テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

第6ラウンド:片瀬 萬司郎丸でシロギス対決
第6ラウンドは、江ノ島の片瀬港 萬司郎丸からのシロギス対決です。本当は、ボートでシロギスを狙いついでにマゴチも、と考えていたのですが、ここのところ天気が悪く雨なら船の方が良かろうと船のシロギスに決めました。

シロギスの船はいろんなところから出てますが、時間とお値段を考えてショートでいろいろと探してみると、湘南方面に多いことが分かりました。こちらのまこさんの情報を大いに参考にさせていただきました。でも、結局はなんとなく萬司郎丸さんい行く事にして前日に電話。予報は悪そうだが明日は出るとのこと。7:45までに来てくださいとのことでした。

家から江ノ島までは、約30km。いつもは渋滞しているので時間がかかるイメージでしたが,朝は空いているので40分くらいで到着.
DSC03681.jpg

DSC03679.jpg


ここは、港の入り口の受け付け用の小屋がありそこでお金を払って釣り座を決めます。シロギス船の受付は3番目、両ミヨシはすでに埋まっているので左舷のオオトモを子供と二人で押さえました。

あまりにも早く着きすぎてしまったので、港をぶらぶら。
DSC03682.jpg


いろいろな船があり、人も多く来ています。予報が悪いのにみんなすごいなと思ってたら、みなさん仕立てだったんですね。この日を待ってたはずなのにあいにくの天気で残念ですね。まだ、雨は降ってませんがいつ降り出してもおかしくない天気です。

そうこうしているうちに乗船開始。
DSC03683.jpg

結局、釣り人は両ミヨシのお二人と我々の4人のみ。船長さんもあるだけの竿出して釣っていいよ!とのことです。私が2本、子供が1本で釣ることにしました。

釣り場までは、10分くらい。江ノ島のすぐ横です。釣りはじめるといきなりミヨシの人達はダブル掛けでシロギスを釣ってます。我々も釣り始めますが、なれない天秤仕掛けで手前祭りで苦労します。でも、なんとなくシロギスが釣れて来ます。今日は少しうねりが有るなと思ってたら、いきなり息子がダウン。酔ったようで寝転がっています。私は一人黙々と2本竿で釣りますが、忙しいことったらない。今日は活性が高いのか、1本投げてもう1本を巻くともう釣れてるって感じで大忙し。投げて置いておくだけなので釣ってるって感じはしないのですが、1匹また1匹とシロギスとヒイラギがつれます。ヒイラギはすべてリリース。

しばらくして、子供が復活したので竿を渡すとあっという間に5匹釣りました。その後は、またダウンです。親父も途中からは船酔いと戦いながら釣り続け、終わってみればシロギス30匹、イワシ8匹でした。途中のヒイラギ君は10匹くらいリリース。メゴチが1匹釣れたのですが船内の排水口から海に帰って行ってしまいました。
シロギス30匹中5匹は息子が釣ったので、今回は親父の圧倒的勝利でした。

DSC03686.jpg

シロギスは、おすそわけすることなくすべて天ぷらにしておいしくいただきました。ヤッパリ、シロギスの天ぷらは最高です!!

現在の勝敗:息子の2勝2敗2引き分け

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

第5ラウンド:三崎港 通り矢堤防対決
第5ラウンドは、三浦半島と突端三崎港からの堤防釣りです。ここのところ週末になると雨の連続だったのですが、今日は晴れるということで突然の釣行となりました。(今日はカメラを忘れたので画像はなし)
目指すは、足場が良くてエギングも狙えるということで三崎港にしました。三崎港には、いろいろな釣り場があるらしいですがそれは行ってから決めるということで出発しました。

三崎港に着いたのは10時頃、早速釣具屋さんで情報収集です。最近はどうもシロギスがいいらしい。アオリイカは?と聞くとだめらしいということ。というわけで投げでシロギス当たりを狙うことにして、アオイソメを購入。場所は、白灯台下か通り矢堤防が足場もよく釣りやすいとのことで通り矢堤防に行ってみることにしました。

通り矢堤防とは、三崎港から城ヶ島に向かって橋の左側に位置する岸壁辺りを指すそうでその岸壁に小さな堤防があります。本当は堤防の中は釣り禁止みたい。また、堤防そのものは足場もあまりよくないので岸壁でつります。周りは日曜と言うこともあり結構な人が出ています。
真ん中の空いているところで釣り座を確保して投げつりの開始です。シロギス狙いの投げ仕掛けですが、ここはどうも良く根掛りします。いきなりジェット天秤と仕掛けがなくなりました。道理でここが空いていたわけだ。しかたがないので、先ほどの釣具屋産に行って道具を仕入れました。

その後も、投げつりを続けますが結局釣れたのは親父が釣り上げたササノハベラ1匹のみ。周りでは、シロギスやカワハギを釣っている人がいましたが、あまりつれていない様子。そうそう、第1ラウンドでよく釣れたハオコゼは3匹ほど釣れましたが今回はリリースしました。


息子のほうは、なかなか釣れないのでクサフグを釣って遊んでいましたが、結局ボウズでした。

DSC03654.jpg


釣れたササノハベラは煮付けにしておいしくいただきました。うろこと皮が硬くて、一見まずそうですが味は淡白でおいしくいただけました。

今回の勝負は、かろうじて親父の勝ちでした。やっと1勝、おめでとう!

現在の勝敗:息子の2勝1敗2引き分け

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

第4ラウンド:新安浦 こうゆう丸でイシモチ対決
第4戦は、3日に続いて新安浦港のこうゆう丸さんからイシモチ対決です。3日にも新安浦の西山釣船店から出港したばかりですが、1日あけての船釣り対決となりました。
今日は、ボート釣りでもと思って三浦半島に来たのですが、あいにくの強風でどこもボートは出ないとのこと。小網代、葉山、大津、鴨居いずれもNGです。もう三浦半島まで来てしまっているので、こうなると意地でも釣りがしたくなるってわけで急遽午後船での船釣りを探しました。
小柴港に行って見ると午後のキスがあるかも。直接船宿に行って聞いてみると今日は子供の日でファミリーフィッシングに行っており午後は休みとのこと。どこも出航せずです。残念。それならと、2日前に行ったばかりの新安浦でメバル以外はないかと探してみると、こうゆう丸からイシモチ船が出るらしい。また、GW特別料金で子供と二人で6000円とのことでここに決めました。
DSC03642.jpg


何せ、船釣りは2回目・もちろんイシモチは初めてです。つり方は、胴付き3本針にアオイソメ仕掛け。底を取ったらそのまま糸を張って、当たりがあってもすぐには合わせないと教わります。今日は隣合わせたおじさんと中乗りさんにいろいろと教わりました。
DSC03644.jpg


釣り場は港から20分くらいのところ。金沢沖あたりでしょうか。今日は波が高くキャビンに収まって波をよけます。
最初の釣り場で早速つり始めますが、周りは釣れているのに我々二人はなかなか釣れません。でもしばらくしてやっと当たりが。イシモシです。二人ともポツポツ連れ始めました。でも入れ喰いまでは行かず、イシモチとカサゴ交じりの釣りとなりました。

わが息子は、なかなか釣れないながらも当たると大きいイシモチを釣ってます。結果は、息子7匹親父7匹の引き分けでした。うちカサゴは合わせて3匹でした。でも、大きいものはすべて息子が釣り上げました。
DSC03647.jpg

DSC03648.jpg

DSC03649.jpg

DSC03652.jpg


イシモチは身も厚く食べがいがあります。塩焼き、刺身、煮つけでおいしくいただきました。
後から発見したこちらのサイトによるとおいしそうなイシモチの料理方法が載ってました。今度はこれも試してみたいなっと。

今日の勝敗は引き分けということで。シャンシャン!

現在の勝敗:息子の2勝2引き分け

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

第3ラウンド:安浦でエビメバル対決
DSC03628.jpg

第三ラウンドは、GW真っ最中のエビメバル船つり対決です。今日は、下の子を交えて3人での対決となりました。
前日の雨もすっかり消えて快晴の1日となりました。場所は、横須賀・安浦港の西山釣船店から午後船での対決となりました。
ここは、以前から初心者向きで子供料金もあり目に付けていたのです!本来はアジ専門なのですが最近はメバルを主体としているようでHPによればずいぶん数も出ている様子。これは、期待が持てます。とりあえず、3人で目標30匹で船に乗り込みました。

DSC03629.jpg

今日の釣り方は、モエビをえさにメバルを狙います。午前の人達の話だと、メバルが25匹、カサゴが20匹と絶好調の様子。これは、期待が持てます。
船釣りは初めてなので、座り方から船長さんに教わります。えさのエビは、尻尾を切り胴から背中に針を出します。棚は底から10センチ位と教わり、出航前に港で練習します。するといきなり23センチのクロメバルが息子の竿にヒット!
DSC03630.jpg

下の子もいきなり3匹掛かりです。(小さいのでこちらはすべてリリース)この調子で、いざ出航!!

20060503130824.jpg

本日は、天気も良くぽかぽかしてます。約10分くらいで最初の釣り場に。潮が早いのでかなり流されます。20号のオモリをつけてたら、船長さんに25号じゃなきゃダメだよ!と怒られました。早速付け替えてつり始めますが,なかなか釣れません。いきなり、場所移動。
そんなこんなで,横須賀沖の猿島周辺をいろいろと攻めて3人で36匹のメバルを釣り上げました。リリース分は除くので釣れたのは50匹くらいかな。外道にカサゴ1匹、イワシ1匹が混ざりました。
DSC03634.jpg


下の子は途中、少し酔ったみたいですが12匹を釣り上げごきげん。息子は,途中スピニングリールがからまり船長さんが貸してくれた中通し竿とベイトリールに変えてから好調の14匹を釣り上げました。オヤジは最低の11匹となり、今回は下の子にまで負けてしまいました。残念!

DSC03635.jpg

ただし,大物賞はオヤジの釣った24センチで面目躍如。2番目は,息子が港で釣った23センチでした。

DSC03638.jpg

DSC03640.jpg


おかずが大漁に取れたので、少し近所におすそ分け。大きめのメバルは煮付けに、小さめのメバルは3枚におろしてお刺身にしておいしくいただきました。
初心者でも楽しめておいしいエビメバルオススメです。6月以降はアジに戻ると船長さんも言ってましたのでそちらもこれから楽しみです。

現在の勝敗:息子の2勝1引き分け

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用



まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。